死に至る病「童貞」

 毎回毎回童貞について書いてきてよく書く事あるなと自分でも思います。でももう限界に来ました。本当にもう惨めで耐えられません。一瞬一瞬泣きたい気持ちです。

 一昨日からティンダーを始めました。出会い系でセックスするのは気が引けますが、別にティンダーをやる即出会い系でセックスするわけじゃないしと思い、始めました。正直この時点で僕には「23年間彼女いない歴年齢の童貞をやってきたけども、僕は一流大学卒で一流企業勤務、こっちからいけばどうにかなるはず」という気持ちがありました。初日はVRゴーグルをして自撮りしている写真をプロフィール画面に設定して、お遊びみたいな気持ちでやっていたのですが、昨日、やるなら全力でやろうと思い立ち、プロフィール写真もある程度写りのいい写真にして自己紹介でも一流大学卒一流企業勤務を反映するような形にしてそこそこ真面目なことを書きました。さらに1200円課金もして無限に女性をライクできるようにしました。それ以降かなりの時間を女性をlikeすることに費やしました。多分人数にして2000人から3000人あるいはそれ以上の女性にlikeしたのではないかと思います。その上で現在の僕のマッチの数は4です。ティンダーをやっている友人と比較するとこの値は圧倒的に低いです。やっぱり顔なんだと痛感しました。一流大学卒で一流企業勤務でも僕は1000分の1の確率でしかlikeされないんだという現実に絶望しました。まず僕が普通に女性と交際をしようとしたら1000人の女性となんらかの関係性を持つ必要があるってことですよね。途方もない数字です。僕は一生結婚できないんだろうなと思い本当に苦しくなりました。頑張っていい大学に入って一生懸命働いて、空いた時間にアマゾンプライムを見るだけの生活を今後死ぬまで送り続けることを想像すると、何のための人生なのか本当にわからなくなります。本当に苦しいです。

 僕が苦しいのは僕がマッチしないからだけではないです。みんながマッチしているのに僕だけマッチしないからというのもあります。さらに、あまりに多くの女性がティンダーをやっていることにも絶望しています。今後僕が年をとって結婚を考え始めた女性たちから一流大学卒の一流企業勤務という極めて表面的な条件だけで結婚までこぎつけるというような事態になったとしても、その人はティンダーでよく分かんない人とセックスしてた人なんですよね。僕にはlikeもしなかったくせに。本当に考えるだけで悲しい気持ちになります。

 よくわからない文章になってしまいましたが、ようは今まで僕が抱いていた、「一流大学卒一流企業勤務の僕はモテる振る舞いをすればモテうる」という、一縷の望みをティンダーによって完全に否定されたということです。僕はみんなが楽しく過ごしている中で一生女性に虫けらのように扱われ悲しく生きていくほかないんだとはっきりと感じました。

 

ティンダー以外にも僕が落ち込んでいる原因があります。先日会社の同期での飲み会がありました。

仲がいい人たちとの飲み会だったのですが、参加していた女性は先日のブログでも書いた「僕とは絶対に結婚をしたくない」と宣った女性たちです。話の流れで、僕が女性に自分のどんな部分を評価されたいのかという話になり僕は面白いという部分を評価されたいと話しました。すると彼女らは「私は〇〇くんのこと凄い面白いと思うよ」と口々に言ってきました。一瞬嬉しかったのですが、いや一流大学卒の一流企業勤務で面白い人と絶対に結婚したくないのなんでだよ死ねやと思いました。まぁそこで思ったのは僕の面白さって多分なんというか異性として惹かれるタイプの面白さじゃないだろうなということです。多分世の中にはモテる面白さとモテない面白さがあって僕は自分で言うのもなんですが相当面白くてでもそれはモテない面白さであって僕が今後どんだけ面白くなろうともモテることはないんだろうなと思いました。

今まで僕は面白くあるということを第一に考えて生きてきた節があるので、その面白さがモテにつながらない以上、もう僕の対女性関係における取り柄というのは本当に外形的なスペックだけだなと。そしてその外形的なスペックも大して役に立たないことがティンダーで証明されてしまったと。そういうわけなんですね。

勉強ができてもなにもいいことなんかないですね。本当にイケメンに生まれたかった。