読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春0キロ

 ゴールデンウィーク暇過ぎ問題というのがある。あまりに暇なので社会性を身に付けようとmiitomoというアプリをダウンロードしたが、フレンドが一人しかできず、彼と罵詈雑言をぶつけ合っただけで終わった。
 
 
 このゴールデンウィークでいっぱい映画館に行った。ちはやふる下の句、ズートピア、レヴェナント、シビルウォーなど話題作は一通り見たけど一番面白かったのが「青春100キロ」だ。
まず青春100キロのあらすじを説明しようと思う。上原亜衣が昨年末で引退した。彼女の引退および引退作の製作に密着したドキュメンタリー映画が青春100キロだ。その引退作というのが、上原亜衣に生中だしするために100人の素人男性が彼女を追いかけるというものだ。彼女を捕まえた人は生中だしできるが、上原亜衣を守り生中だしを阻止するために上原亜衣守り隊が組織され、孕ませ隊を妨害する。その孕ませ隊に応募した素人男性のうち、一人だけに上原亜衣への生中だしの条件として異なる条件を課せられた。それが二日間で「100キロ」走る。ということだ。以上が映画の前提だ。で、中身はほとんどが100キロ走る青年ケイ君と、それに同行するスタッフの話で、そこに時折上原亜衣のインタビューだとか、孕ませ隊と守り隊のお祭り騒ぎが挿入されている(AVだけに)。
 
 
 で、じゃあ何がそんなに面白いのかということをこれから書いていきたい。まず面白いのがこの映画で見えるAVというものの異常性だ。引退するからって100人も集めて生中だしさせる必要は全くない。生中だしするために100km走るケイ君もおかしい。青春100キロという題名だけどこんな汚ねぇ最低の欲望に青春なんつー綺麗な言葉付けんなよと思う。最後、AV撮影が終わる時の上原亜衣引退間際のシーンも異常だ。AV監督の「上原亜衣に思いを伝えるんだ!みんな!!!」みたいな安っぽいセリフに素人男性が感動して「亜衣ちゃん大好きです!」ってデカい声出しながら下半身裸でちんこシゴいてる姿には比喩抜きで狂気を感じた。その場の感動の大団円的な雰囲気にも狂気が満ちている。ほめ言葉としてではなく本当に、リアルな、悪い意味でとち狂っている。最後全員で上原亜衣に感謝のぶっかけをする段になって、なぜか守り隊の服着たやつが先頭きって上原亜衣に射精していたのにはもはや笑えるを通り越して恐怖さえ感じた。上原亜衣のインタビューや彼女の言動にもAVの世界のリアルを感じさせられる。愛されたいからAV女優になったとか、スタッフミーティングのギスギスした感じとか。
 
 
 この映画でもう一つ面白いのが、生中出しするために二日間で100キロ走ってヘロヘロになるケイ君と、楽しげにおにごっこのようなことをして適宜上原亜衣に生中出ししつつ最後には急ごしらえの安っぽい感動に浸るAV製作現場の人たちの対比だ。生中出しという目標に向けて100キロという途方もない距離を孤独に走っている人がいる一方で、みんなで楽しく上原亜衣とおにごっこをしながら簡単に生中出ししている連中がいるという構図、僕はそこに社会そのものを感じてしまった。そして僕は猛烈にケイ君側の人間であると感じてしまった。皆が楽しくそれなりにやってる横でそうじゃない険しい道を選んで努力した、という想いがある人なら確実にケイ君の頑張りに胸を締め付けられる。必ずしもケイ君が不幸だというわけではない。ケイ君は自分のいないところでおにごっこに興じて生中出ししている連中がいることに対して何かを感じている様子はないし、彼はとても楽しそうに「いやぁなんかあとちょっとで生中出しできるって考えたら勃起してきちゃいました」とかのたまっているわけ、脚を引きずっているのに。最後にはちょっぴりいいこともある。ケイ君は100キロ走ったご褒美として、上原亜衣の最後の相手として生中出しすることになるのだ。彼だけにちゃんとしたベッドが用意され、ほかの人たちのように何かの合間という感じではなく、ちゃんと向き合って一対一でセックスできた。
ケイ君が上原亜衣に生中出しを終えると、上原亜衣は部屋を後にする。外には亜衣ちゃんありがとう!的なメッセージの書かれたTシャツを着た100人の素人男性とスタッフが待ち構えており、亜衣ちゃんへの感謝の言葉を大きな声で叫んでいる。一人部屋で着替えていたケイ君はいまいち事態が呑み込めず騒がしい集団を見て不思議そうな表情をする。ケイ君は上原亜衣引退に際して、最後に彼女に生中出しした人物であるにもかかわらず、「上原亜衣引退作の製作」という大きなそして安直な物語の中に入ることはなかったのである。
 
 
 僕は上でAV女優に生中だししたいから100キロ走るという企画に「青春」というきれいな言葉を使うなと書いたが、一方でこの映画はどうしようもなく青春であると感じた。正確に言うと青春ではないかもしれないが青春に向けて走っている男の物語だと感じた。僕は22歳彼女がいたことない童貞なんだけど、AV女優に生中だししたくて100キロ走るケイ君をとやかく言うことはできない。むしろ尊いとさえ思う。僕は22年間生きてきて女性とセックスするための努力なんかひとつもしてこなかった。もちろんAV女優に生中出ししたくて100キロ走るのと、好きな女の子と付き合うために色々アプローチするのは違うかもしれない。いやたぶん全く違う。でもケイ君は100キロ走っている。僕がダサくなりたくないという一心で何もせずおどけていただけの間にケイ君は100キロ走っている。少なくとも、僕とケイ君の差は100キロ分あるんだ、と感じた。僕はまだ1キロも走っていないけど、これから、今から走り出したい、走り出さなきゃと思った。だから青春0キロ。以上。