就職一ヶ月

 就職して一ヶ月が経った。採用コース別研修が終わって連休明けから一週間コース混合での研修を終えたら実務を開始する。

 

 研修はとても楽しかった。僕の班は僕の嫌いなタイプの一つでありながら同期に多いと感じる「めちゃくちゃ薄いけど顔広い感じの人」がいなくて良かった。みんな友達が少なくて、でもとても面白い人が多かった。研修の講師の人も僕の班はとてもいい人で、彼のようになりたいと強く思った。研修開始の頃は、社会に出ていよいよ僕の社会不適合性が感じられて、とてもつらい時期があったけど、なんとなく後半には僕の社会不適合性の原因が分かってきたような気がして晴れやかな気分で研修を終えることが出来た。その原因っていうのは人を嫌いになることに対するスタンスの違いかなと。世の中の人は、人を簡単に嫌いにならないし理由もなく他人に対して悪い感情を抱くことは無いようで、僕はそれに対して常に世の中に対して悪い感情を抱き続けているというか。そのギャップにかなり困惑したし、そういう世の中の人にたいして信頼できないなと感じた。これを突き詰めていくと僕の対極に存在する、誰のことも嫌いじゃない人が先に記した「めちゃくちゃ薄いけど顔広い感じの人」なのかなと。だから僕はそういう人が嫌いなのかなと。まぁでもなんかこうやって人を嫌いな理由を分析したりしてもあんまりいいことは無いよね。なんとなく生きやすくなったような気がしたり、なんとなく自分を客観視できる頭いい自分に気持ちよくなったりその程度じゃないかなという。

 

 一ヶ月の研修でとても色々なことを考えたけど今残ってるのはこれくらいしかない。専門性の高い職種で10年たって一人前という世界なので焦らずに、10年後なり20年後にベストの自分になれているように一歩一歩頑張っていきたいと思います。