読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春0キロ

 ゴールデンウィーク暇過ぎ問題というのがある。あまりに暇なので社会性を身に付けようとmiitomoというアプリをダウンロードしたが、フレンドが一人しかできず、彼と罵詈雑言をぶつけ合っただけで終わった。
 
 
 このゴールデンウィークでいっぱい映画館に行った。ちはやふる下の句、ズートピア、レヴェナント、シビルウォーなど話題作は一通り見たけど一番面白かったのが「青春100キロ」だ。
まず青春100キロのあらすじを説明しようと思う。上原亜衣が昨年末で引退した。彼女の引退および引退作の製作に密着したドキュメンタリー映画が青春100キロだ。その引退作というのが、上原亜衣に生中だしするために100人の素人男性が彼女を追いかけるというものだ。彼女を捕まえた人は生中だしできるが、上原亜衣を守り生中だしを阻止するために上原亜衣守り隊が組織され、孕ませ隊を妨害する。その孕ませ隊に応募した素人男性のうち、一人だけに上原亜衣への生中だしの条件として異なる条件を課せられた。それが二日間で「100キロ」走る。ということだ。以上が映画の前提だ。で、中身はほとんどが100キロ走る青年ケイ君と、それに同行するスタッフの話で、そこに時折上原亜衣のインタビューだとか、孕ませ隊と守り隊のお祭り騒ぎが挿入されている(AVだけに)。
 
 
 で、じゃあ何がそんなに面白いのかということをこれから書いていきたい。まず面白いのがこの映画で見えるAVというものの異常性だ。引退するからって100人も集めて生中だしさせる必要は全くない。生中だしするために100km走るケイ君もおかしい。青春100キロという題名だけどこんな汚ねぇ最低の欲望に青春なんつー綺麗な言葉付けんなよと思う。最後、AV撮影が終わる時の上原亜衣引退間際のシーンも異常だ。AV監督の「上原亜衣に思いを伝えるんだ!みんな!!!」みたいな安っぽいセリフに素人男性が感動して「亜衣ちゃん大好きです!」ってデカい声出しながら下半身裸でちんこシゴいてる姿には比喩抜きで狂気を感じた。その場の感動の大団円的な雰囲気にも狂気が満ちている。ほめ言葉としてではなく本当に、リアルな、悪い意味でとち狂っている。最後全員で上原亜衣に感謝のぶっかけをする段になって、なぜか守り隊の服着たやつが先頭きって上原亜衣に射精していたのにはもはや笑えるを通り越して恐怖さえ感じた。上原亜衣のインタビューや彼女の言動にもAVの世界のリアルを感じさせられる。愛されたいからAV女優になったとか、スタッフミーティングのギスギスした感じとか。
 
 
 この映画でもう一つ面白いのが、生中出しするために二日間で100キロ走ってヘロヘロになるケイ君と、楽しげにおにごっこのようなことをして適宜上原亜衣に生中出ししつつ最後には急ごしらえの安っぽい感動に浸るAV製作現場の人たちの対比だ。生中出しという目標に向けて100キロという途方もない距離を孤独に走っている人がいる一方で、みんなで楽しく上原亜衣とおにごっこをしながら簡単に生中出ししている連中がいるという構図、僕はそこに社会そのものを感じてしまった。そして僕は猛烈にケイ君側の人間であると感じてしまった。皆が楽しくそれなりにやってる横でそうじゃない険しい道を選んで努力した、という想いがある人なら確実にケイ君の頑張りに胸を締め付けられる。必ずしもケイ君が不幸だというわけではない。ケイ君は自分のいないところでおにごっこに興じて生中出ししている連中がいることに対して何かを感じている様子はないし、彼はとても楽しそうに「いやぁなんかあとちょっとで生中出しできるって考えたら勃起してきちゃいました」とかのたまっているわけ、脚を引きずっているのに。最後にはちょっぴりいいこともある。ケイ君は100キロ走ったご褒美として、上原亜衣の最後の相手として生中出しすることになるのだ。彼だけにちゃんとしたベッドが用意され、ほかの人たちのように何かの合間という感じではなく、ちゃんと向き合って一対一でセックスできた。
ケイ君が上原亜衣に生中出しを終えると、上原亜衣は部屋を後にする。外には亜衣ちゃんありがとう!的なメッセージの書かれたTシャツを着た100人の素人男性とスタッフが待ち構えており、亜衣ちゃんへの感謝の言葉を大きな声で叫んでいる。一人部屋で着替えていたケイ君はいまいち事態が呑み込めず騒がしい集団を見て不思議そうな表情をする。ケイ君は上原亜衣引退に際して、最後に彼女に生中出しした人物であるにもかかわらず、「上原亜衣引退作の製作」という大きなそして安直な物語の中に入ることはなかったのである。
 
 
 僕は上でAV女優に生中だししたいから100キロ走るという企画に「青春」というきれいな言葉を使うなと書いたが、一方でこの映画はどうしようもなく青春であると感じた。正確に言うと青春ではないかもしれないが青春に向けて走っている男の物語だと感じた。僕は22歳彼女がいたことない童貞なんだけど、AV女優に生中だししたくて100キロ走るケイ君をとやかく言うことはできない。むしろ尊いとさえ思う。僕は22年間生きてきて女性とセックスするための努力なんかひとつもしてこなかった。もちろんAV女優に生中出ししたくて100キロ走るのと、好きな女の子と付き合うために色々アプローチするのは違うかもしれない。いやたぶん全く違う。でもケイ君は100キロ走っている。僕がダサくなりたくないという一心で何もせずおどけていただけの間にケイ君は100キロ走っている。少なくとも、僕とケイ君の差は100キロ分あるんだ、と感じた。僕はまだ1キロも走っていないけど、これから、今から走り出したい、走り出さなきゃと思った。だから青春0キロ。以上。

就職一ヶ月

 就職して一ヶ月が経った。採用コース別研修が終わって連休明けから一週間コース混合での研修を終えたら実務を開始する。

 

 研修はとても楽しかった。僕の班は僕の嫌いなタイプの一つでありながら同期に多いと感じる「めちゃくちゃ薄いけど顔広い感じの人」がいなくて良かった。みんな友達が少なくて、でもとても面白い人が多かった。研修の講師の人も僕の班はとてもいい人で、彼のようになりたいと強く思った。研修開始の頃は、社会に出ていよいよ僕の社会不適合性が感じられて、とてもつらい時期があったけど、なんとなく後半には僕の社会不適合性の原因が分かってきたような気がして晴れやかな気分で研修を終えることが出来た。その原因っていうのは人を嫌いになることに対するスタンスの違いかなと。世の中の人は、人を簡単に嫌いにならないし理由もなく他人に対して悪い感情を抱くことは無いようで、僕はそれに対して常に世の中に対して悪い感情を抱き続けているというか。そのギャップにかなり困惑したし、そういう世の中の人にたいして信頼できないなと感じた。これを突き詰めていくと僕の対極に存在する、誰のことも嫌いじゃない人が先に記した「めちゃくちゃ薄いけど顔広い感じの人」なのかなと。だから僕はそういう人が嫌いなのかなと。まぁでもなんかこうやって人を嫌いな理由を分析したりしてもあんまりいいことは無いよね。なんとなく生きやすくなったような気がしたり、なんとなく自分を客観視できる頭いい自分に気持ちよくなったりその程度じゃないかなという。

 

 一ヶ月の研修でとても色々なことを考えたけど今残ってるのはこれくらいしかない。専門性の高い職種で10年たって一人前という世界なので焦らずに、10年後なり20年後にベストの自分になれているように一歩一歩頑張っていきたいと思います。

大学を卒業した

 大学を卒業した。大学では本当になにも勉強しなかったのでこれと言った感慨なんかないだろうなぁと思って卒業式には参加せず、学位記だけもらいに行った。周りはスーツや袴ばかりで、パーカーにジーパンで行った僕は大層浮いてしまった。浮きすぎて友人に「お前留年したの?」って言われた。端的に言って卒業式に参加しないという選択は本当に間違いだったと思った。大学で勉強なんか全くしなかったけど、僕の日々の生活は大学に依存していて、大学から卒業するというのはそういった今までの生活からの決別という意味で非常に重要なポイントだったな、とスーツや袴の人で溢れかえった「旅立ちの日に」感が漂う大学にいて痛感した。そういうイベントにしっかり参加して来たるべき社会人生活に対して心を整えるべきだったなと。

 

 高校が大好きで、大学入学時は大学なんて大した思い入れわかないんだろうなと思っていたけど今では普通に大学も好きだし、今後は会社も好きになっていくんだろうなと思う。今はもう中学高校時代のことなんて思い出せない。思い出せないというと嘘になるけど、あの頃は今とは全然違う日常を送っていたとおもうけどどう違うのか具体的に分からないし、いつのまにか仲のいい友人も高校時代とは違ってきてる気がする。なんというか変わらないと思っても変わってしまうし変わっているのに何が変わっているかはイマイチわからないんだなという。

 

 なんかカッコいいことを書こうとしすぎて最初にブログに書こうと思ったことを今まで忘れていた。要はちゃんと生きよう的な。ちゃんと生きるというのは卒業式に出たり、そういうこと。

 

 社会人になったら僕は地方に配属される可能性が高いわけだが、そうなるともう昨日まで会おうと思えばあえていた人たちとの距離が一気に広がってもうなかなか会えなくなるんだなという。首都圏の高校大学なので高校卒業しても別の大学の高校同期と会うなんていうのは普通だったけども、今回は違うんだなっていう。今までに比べてかなり会い難くなる。それに今更気づいてかなりしょーもない時間を過ごしてしまった。まとまりがなくなってしまったけど以上です。やっぱり卒業式ともなると感傷に浸りたくなるね。

一日坊主

 卒業旅行記をつけると書いて一日書いただけで終わってしまった。旅行中は色々思った気がするけどもう忘れた。場面場面で適宜感じたことを思い出して、行動に反映できたらいいなと思う。

 

 3月11日が近づいて来てテレビで震災の特集を見かける機会が増えたように思う。僕は家族が被災したわけでもないし今まではかわいそうだなぁと思うだけだったが、最近こういう特集は誰のために存在してるんだろうって漠然と考えるようになった。

 大して長く生きたわけではないが、今振り返ると僕はこれまでの人生の中で苦難みたいなものにぶち当たったことがなかったんだと思う。最近母親が癌になって、はじめて自分じゃどうしようもない嫌なことに直面した。僕は今テレビで癌とかそういうことが流れるのがたまらなく苦痛だ。母親が癌であるということが嫌でも思い出される。そういうニュースを見て母親が不安な気持ちになるんじゃないかというのも心配だ。あくまでも僕の個人的な感情に基づく話だが、癌のことをテレビでやるのは癌に苦しむ人やその家族のためにならないんじゃないかと思う。

 それと同じように震災の特集も被災した人たちにとっては苦しいものなんじゃないかと思う。僕が震災の特集番組を見ていたら父親が「いつまで震災震災言ってるんだろうな」って言ってた。僕の父親がクソ外道の冷酷漢な可能性も捨てきれないが、同じように思ってる人は少なくはないだろうと思う。多分に屁理屈的ではあるけども、震災に興味ない人を苛立たせ、被災した人たちを苦しい気持ちにさせるテレビを放送する意味について明確に把握することは僕にはできない。そもそも震災の特集を見た被災者が苦しい気持ちになるというのは僕の想像に過ぎないし。

 その点あまちゃんは凄い。震災のことを扱っていながらあれだけ被災地の人たちを笑顔にしてるんだから最強だと思う。あまちゃんは最高なのでぜひ見て欲しい。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

まぁ以上のことを踏まえて優しい人間になりたいと思います。

卒業旅行記

 今日というか昨日というか、そんな時分から友人と二人で大学の卒業旅行に来ているので毎日その日の記録を残していこうと思います。

 特に様々な事に関する知見が豊富なわけでもないので、時系列を追いつつ、どういう旅行だったかということよりもどういう風に思ったかということをメインに書いていこうと思います。

 朝、空港に集合して飛行機に乗るんですけど、まずそこで一悶着ありました。今回の旅行ではロンドンを経由してアイスランドに向かう予定だったのですが、友人のロンドンからアイスランドへのチケットがありませんでした。これは無事HISの人がチケットを持ってきてくれたことによって解決しました。

 飛行機はANAだったんですがとても接客の感じが良く、会社の広報の人が「ANAみたいにみんなに好かれる企業になりたい」とか意味不明なこと言ってた理由が分かりました。とはいえANAがみんなに嫌われていないのは広報の成果とかではなくて普通に事業そのものサービスそのものに嫌いになる理由、がないからなんじゃないかなと思いました。なので広報の仕事はないなと思いました。ただ機内食はまずかったです。味は美味しいんですけど、食感が終わってました。機内では隣の人がいなかったのでとても快適に過ごすことができました。

CAの人たちはとても綺麗でいい人だったんですけどこういう人たちも夜な夜な商社マンや外資系金融マン、広告代理店マンの人たちと合コン三昧なのかなと思うと悲しくなりました。ツイッターのいわゆるキラキラ女子的な、「何もできない女性のくせにやたらと彼氏や男性の額面上のスペックにうるさく、六本木や銀座でフラフラしている女性」というのを生で見たことがないので全く分からないのですが、親切にしてくれたCAの人たちがそういう括りに近い生態の人たちであるとはにわかには信じられませんし、別物であることを祈っています。できればツイッターのキラキラ女子的な存在そのものがうそっぱちであって欲しいと思います。

そんなこんなでイギリスに着いたんですが、ヒースロー空港からロンドンまで案外離れており、空港市内まで15分で行けるという特急が往復で1万しまして、トランジット時間が5時間近く(調べた結果、これは長いのと短いのの真ん中にあたり非常に微妙な時間のようだった)である僕らはロンドン市内に行くかどうかということになったのですが、せっかく来たんだし行こうということで行きました。パディントンという駅まで行ってフィッシュ&チップスを食べてきました。まず駅が外国って感じで綺麗でした。

f:id:punasu:20160216111001j:plain f:id:punasu:20160216111436j:plain

フィッシュ&チップスはとても美味しかったのですが、その中でもコーラの美味しさが際立っていました。本当にコーラって美味しい!適当に街を散策してロンドン感を満喫できて結果的にはとても良かったです。ロンドン(というかパディントンというのが正しいのだろうが)は高い建物がなく街並みも煉瓦造りで雰囲気があり道も広く、洋風な京都という感じがしました。ただ、道にはタバコの吸殻が山のように捨てられており、新宿的な空気も感じました。街の写真を撮っていないという。

ヒースロー空港のトイレの便器の高さがちょっと高かった。友達は全然ちょうどいいとか言ってたけど、それは嘘で、小便器が跨げず、おしっこを投げ入れる感じだった。

ロンドンからアイスランドの飛行機では隣が可愛い東洋人の女の子だった。僕は英語が話せないんだけどその子はペラペラだった。こういう時にたまらなく情けなく感じる。僕はトエック740点で大学の周りの人と比べても低いし、英語を話す能力では数値以上に劣っているような気がする。英語が話せるようになりたいと思わないこともないけど、そんな漠然とした欲求だけを理由に時間を割いて努力しようという気は起きない。必要は発明の母なので。発明じゃないけど。ちなみにアイスランドへ向かう機内でコーラを頼んだら水が来た。理由は不明。とにかく隣の女の子が可愛かった。

というわけでアイスランドのホテルに着きました。おやすみなさい。

f:id:punasu:20160216111619j:plain

なんか書く

ほとんど読む人のいないブログを書いてなんの意味があるのだろうと思うけど書こうと思ったから書く。ちなみに今月のアクセスは5。面白いブログを読むと僕も面白い記事を書きたいと思って書くんだけど「面白いことを書きたい」という気持ちだけがあって書く内容がないので毎回つまらない記事を書く羽目になる。

 

特に書く事がないので内定先の同期の話を書きたいと思う。内定先では既に懇親会が数回あって仲良い人は仲いい人同士で飲みに行ったりしてるようだけど、僕は本当に誰とも仲良くない。僕は人と仲良くなるのが異常に苦手だと思う。と同時に皆は人と仲良くなるのがうますぎるとも思う。すでにお泊まり会してる人たちもいる。僕は時々ある研修で話す人がいなくて手持ち無沙汰になるほどなのに。

 

しかしながら僕は僕が彼らよりも何らかの点で劣っているとは全く考えていない。むしろ僕以外の奴らは人間を舐めてると思う。この間同じ大学の内定者で集合させられたので、そのあとに飲み会をしようという流れになった。その中で僕以外の人らが、そこにいない内定者について知ったような口を聞いていたのが無性にイライラした。○○はこういうやつだからさ~みたいな話で盛り上がっていたんだけど、会って数ヶ月で人がどういう人か分かると思っているその傲慢さに吐き気がした。それだけじゃない。内定先の同期の人たちが大学に友達いないっつって内定先の人と仲良くするのがとてつもなく気に食わない。内定先で友達できるやつが大学に友達いねぇわけねぇだろ。一生薄っぺらい友達づきあいしてろ。俺は大学に友達いるけど内定先には友達がいない。この事実を誇らしく思ってる。俺の友達にはそう簡単にはなれないンだよタコ。

 

とか諸々の内定先同期のウザい話を妹にしたら「お兄ちゃんの人生ってつまんなそう。文句ばかり言ってて。自分が行きたくて選んだ会社じゃん」って言われた。でも僕は楽しいんで。

ウィニングラップ

森羅万象 陰と陽 蜂と蝶のよう こんな フロウ吐き出すよ 終わらないよ 右左 左右 東西 のらりくらりやってくよ 終わらない 俺は マイクを持てば 誰よりも負けん気ヤバめチャレンジ 終わらぬこのままリベンジから 五年連続でやってきたeyo 若いMC全員に問いたい 二年も勝負すりゃ ここで優勝すれば誰からも悪者扱い それでも立ち上がる覚悟があるかい yeah 俺はそれを証明 みんなの目が敵に見えた 俺が負けるとこ 誰か俺に勝つとこ それを見たくて仕方ねぇオメェら だけど最後は味方につけた 手あげるクラウド お前らは最高! 俺の仕事はこれだけだ これでmake money 恵まれてる環境 梅田のふぁんくが 決勝に来そうだったのもひとしおだった 歩道橋でバカみたいなラップを やり続けたが間違いじゃなかった yeah 俺はこのままやるぜ 未だ止まらねぇこの勢いで UMB は終わりじゃねぇ お前らがいる限り!beats!